現時点のリスニング力(その1)

こんにちは、かっぱです。遅くなりましたが、英語多聴に着手します。

目次

現時点のリスニング力把握

2020年9月6日(日)に開催されたWordPressのオンラインイベント、WordCamp 男木島2020の英語セッションを聞き取れるようになるのが目標です。

このイベントで、Dee Tealさんが講演された英語セッション、Working a World Apart: Navigating Remote Working Professional Relationships 国境を超えて働く – リモートワークで文化を超えて働くこととはが、YouTubeにアップされています。こちらから視聴できます。

僕も視聴しました、、、が、、、司会の方(エラリージャンクリストフさん)の英語は半分ほど、Dee Tealさんの英語は1割も聞き取れませんでした。。。

あまりにもDee Tealさんの英語が聞き取れなかったので、セッションの概要、さらに、このセッションの内容をわかりやすくまとめたグラレポ(グラフィックレポート)を参考に、何度か視聴を繰り返しました。それでも、Dee Tealさんの英語は2割ぐらいしか聞き取れません。。。

リスニングができない原因

何度か視聴を繰り返すなかで、どうして聞き取れないのか、原因を考えてみました。現時点ではわからない原因もあるかもしれませんが、また後日再チャレンジして、聞き取れるようになるまでPDCA回していきます。

  • 内容:やさしく話している雰囲気から察するに、文面に起こせば誰でも理解できるぐらいわかりやすい内容のはず。「背景知識がなく何のことかわからない」ことや、「話の流れがつかめない」みたいなことは、なさそう。
  • 速度:ご本人的には無理なくゆっくり話しているつもりに見え、文と文の間に間(ま)が置かれている。しかし、文そのものは普通のスピードで話されていて、音の連結や脱落が起こっている。特によく使われるような表現は一息で話されていて、あらかじめ知っていないと、聞き取るのは無理
  • 発音:イントネーションも違うなぁと思って、Dee Tealさんのプロフィール見ると、オーストラリアの方
  • 単語・文法・表現の知識:ほとんど聞き取れないので、これらの知識不足が影響しているどうか、判断がつかない。

現時点でとれる対策

現時点でとれる対策は、この2つです。

  • そもそも司会の方の英語も聞き取れていない状態ですので、フレンズのDVDを使って英語の音に慣れながら、表現の知識を仕入れていきます。
  • オーストラリア特有の発音やイントネーションについて解説してくれているブログを見つけました。こちらを参考にリベンジします。

今後にむけて

現状1~2割しかDee Tealさんの英語を聞き取れませんが、まずは教材をフレンズのDVDに絞り、どこまでリスニング力を伸ばせるか、試してみます。Dee Tealさんの英語のリスニングでチェックしながら、PDCAをまわしていきます。年内をめどに、よいご報告ができるよう、がんばります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2019年からWordPressのイベントに参加、皆様に助けて頂いて勉強しています。
そんな中、「多言語化に困っている」「WordCamp男木島2020の英語セッションが聞き取れない」という声を目にしました。
そこで、多聴多読で0からこのセッションを聞き取れるようになるまでのステップを公開して、英語学習法に革命を起こします。

目次
閉じる